女性なら一度は、お肌のトラブルで悩んだことがあると思いますが、今回は「シミ」についてお話したいと思います。年齢を重ねるごとに出来やすくなるシミですが、シミが出来てしまう原因とは一体何なのでしょうか。シミの一番の原因と言われているのが、紫外線です。紫外線を浴びたり日焼けをすると、体の酸化や老化の原因とも言われている活性酸素が発生し、メラニン色素を作り出します。メラニン色素という言葉は皆さんも聞いたことがあると思いますが、肌のためには必要な色素であって、肌を守るために肌を黒くする作用を持っています。ただ、紫外線をたくさん浴びてメラニン色素をたくさん作り出してしまうと、メラニン色素自体が肌に残ってしまうため、その一部が残ってシミとなってしまうのです。このようなことから、紫外線を一番浴びやすい頬や目の周辺にシミが出来やすいと言われています。それに、シミの原因は紫外線だけでなく「女性ホルモン」も関係しています。知っていましたか?排卵日から約2週間、次の生理が来るまではメラニン色素が作られやすい体になっているので、シミも出来やすい状態だということを。女性ホルモンのバランスが崩れた時にも、シミが出来やすいと言われているので、注意が必要です。ターンオーバーと呼ばれている新陳代謝作用が、お肌にはあります。でも、女性ホルモンのバランスを崩したり、ストレスを過剰に受けたりすると、このターンオーバーの周期が乱れてしまうため、シミも出来やすくなってしまいますー